第1章 第6録

今後の方針が決まり、ようやく一息ついた楓。鍵を忘れて家に入れない雪祥とともに、一度自宅に戻ることになる。

しかしそこで待っていたのは日常ではなく、謎の男であった。

物語はこちらへ↓※Wi-Fi推薦
専門チャンネルへ移動

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です